ナオミ・ワッツ、リュック・ベッソン監督作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『21グラム』のナオミ・ワッツが、リュック・ベッソン監督の新作へ出演することになった。ワッツの役は、原題タイトルにもなっている主人公デイジー・スカーレットで、当初、ケイト・ベッキンセールが想定されていた。MI6のエージェントであるデイジーが、著名人の死にまつわる陰謀に巻き込まれていく物語。製作は、ワッツが『リング2』を終え次第、開始される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]