『ベスト・キッド』のパット・モリタ、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ベスト・キッド』シリーズで日系人の師匠ミヤギを演じたパット・モリタが亡くなった。73歳だった。死因については情報が交錯している。娘によると、モリタは心不全のため病院で亡くなったというが、長い間マネージャーを務めたアーノルド・ソロウェイによると、腎臓移植を待っている状態の中、腎不全で亡くなったと語った。自然死との報道もある。モリタは1作目の『ベスト・キッド』で、アジア系アメリカ人としては初のアカデミー助演男優賞にノミネートされ、4作目ではヒラリー・スワンクと共演している。同映画では、日本人らしさを出したいという監督の意向により、ノリユキ・パット・モリタの芸名を使用。共演したラルフ・マッチオは「彼と共演できたことはとても光栄なことでした。永遠に僕の“センセイ”です」とコメントしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]