リヴ・タイラー、少女時代は不恰好な女の子?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
だれが見ても美女のリヴ・タイラー - Jim Spellman / WireImage.com / MediaVast Japan

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで美しい姫を演じていたリヴ・タイラーだが、自分のことを「美人」と思ったことはない、と告白した。タイラーは雑誌「グラッツィア」で、「自分が美人だなんて考えたことは一度もないわ。学校の男の子たちだって、そんな風に私を見なかったし、背が高くて不恰好な子だったの。男子に追いかけられる女の子というより、友達のタイプだったわ」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]