「ザ・ホワイトハウス」のジョン・スペンサー、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画では『ザ・ロック』や『交渉人』などに出演し、味のある演技で観客を楽しませてくれたジョン・スペンサー - Amy Tierney / WireImage.com / MediaVast Japan

 「ザ・ホワイトハウス」で首席補佐官のレオ・マクギャリーを演じていたジョン・スペンサーが心臓発作のため亡くなった。58歳だった。スペンサーは、役のレオ同様に元アルコール依存症患者で心臓病を患うなど、2人は非常に似ていると言われていた。「僕よりもレオの方が人間的にいい男だ。クリエイターのアーロン・ソーキンは、僕がなりたい男を描いてくれている」とインタビューで語っていた。スペンサーは同番組で2002年にエミー賞を獲得。共演者のアリソン・ジャニーやブラッドリー・ウィットフォードリチャード・シフは、揃ってスペンサーのプロ意識を褒め称え、親友を亡くしたことを非常に残念に思うとコメントしている。スペンサーの死が今後の番組のストーリーにどう影響するかは明らかではない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]