アネット・ベニングとリンジー・ローハン、オスカー・ワイルド原作映画で共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リンジー・ローハン - Brian Ach / WireImage.com / MediaVast Japan

 アネット・ベニングリンジー・ローハンショーン・ビーンが、オスカー・ワイルドの「つまらぬ女」の映画化作品で共演することが決まった。「つまらぬ女」は、野心家の青年ジェラルドは母親に未来の雇用主であるイリングワース卿を紹介するが、母親はイリングワース卿は昔彼女を捨てたジェラルドの父親であると気付くワイルドの四大喜劇のひとつである。監督は『シンドラーのリスト』や『プライベート・ライアン』などスティーヴン・スピルバーグ監督作品の撮影家として知られるヤヌス・カミンスキーがメガホンを取り、撮影は今秋から開始される見込みだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]