ドリカムの「未来予想図」が174cmと181cmの大型カップルで映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
座っているので“大型”なのか分からない松下奈緒と竹財輝之助

 29日、DREAMS COME TRUEの名曲「未来予想図」と「未来予想図II」をモチーフにした愛の物語『未来予想図』の製作発表記者会見が行われた。主演は映画初主演となる松下奈緒、相手役はオーディションを勝ち抜いて抜擢された竹財輝之助というフレッシュな顔ぶれだ。松下は174cm、竹財は181cmという“大型”カップルでもある。

 大物なのは身長だけではない。会見中、目を引いたのは、映画初主演とは思えない松下奈緒の落ち着いた受け答えだ。意外と低い声も年齢以上に大人っぽい雰囲気で、本作では、10代から30代までを演じるらしいが、まったく違和感がない。役作りについては「10代の甘酸っぱい恋はかわいらしく、そして20代では恋や仕事に悩む部分を表現できたら」と頼もしいコメント。映画初主演についても「毎日の撮影は大変だけど、またそれがうれしい」とプレッシャーをいい緊張感にして取り組んでいる様子がうかがえた。

 相手役の竹財輝之助は、松下より5歳年上のはずだが、母性本能をくすぐるやんちゃな笑顔が魅力的。しかも「未来予想図」の曲について「中学時代にグループ交際をしていたとき、カラオケで女の子が歌ってくれた」というなんともほほ笑ましいエピソードを告白。これを聞いた隣の原田泰造に「へーえ、グループ交際してたんだ」と冷やかされ、恥ずかしそうにテレ笑いを浮かべていた。

[PR]

 松下奈緒の母親を演じる松坂慶子は、映画のキャッチコピーにもなっている「ほら、思ったとおりにかなえられてく」という言葉がとても気に入ったそう。「普段からいいことを考えると夢は実現するといいますよね。だからこの映画を観て、運を開いていただければ」と語った。もしかして、「観ると開運する」という新しいジャンルの映画が誕生するかも? と今から期待が高まる大女優のコメントだった。

『未来予想図』は10月6日(土)全国にて公開
オフィシャルサイト miraiyosouzu.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]