フランク・ミラー、レイモンド・チャンドラーの小説を脚色する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フランク・ミラー - Gregg DeGuire / WireImage.com / MediaVast Japan

 『シン・シティ』『300 <スリーハンドレッド>』の原作者として知られるフランク・ミラーが、ハードボイルド小説の巨匠レイモンド・チャンドラーの小説を脚色することが決まった。映画化されるのはチャンドラーの「事件屋家業」で、クライヴ・オーウェンが主人公の探偵フィリップ・マーロウにふんする。フィリップ・マーロウを主人公にした映画はこれまでにも何度も製作されていて、名優ハンフリー・ボガートが演じたマーロウは人気が高く有名である。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]