ハリポタの魔法がついに解禁! 六本木に高さ600メートル超す“魔法の塔”が現れた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これがその“魔法の塔”

 28日、六本木ヒルズアリーナで、この夏の話題作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のジャパンプレミアが行われ、主演のダニエル・ラドクリフが、レッドカーペットに現れた。

 この日、最も注目を集めたのは、先日から謎のポスターが告知していた“魔法”の正体。「6月28日の夜デートは、お金をかけずに、魔法をかけよう」「6月28日 夜7時30分頃、六本木ヒルズ周辺に不思議な現象が起きても、絶対に通報しないでください」など、まるで予言のようなメッセージが、ファンの間で話題になっていたが、その答えは、高さ600メートル、直径14メートルの“光”が作り上げる魔法の塔だった。

 レッドカーペットで、約40分間のファンサービスを終え、ステージに上ったダニエルが「ルーモス・マキシマ(強き光よ!)」と呪文を唱えると、イタリアから空輸されてきた最新機材からは、まばゆいばかりの光が夜空を貫くようにまっすぐと伸びた。この魔法の塔、高さは東京タワーの2倍もあり、理論上は、六本木ヒルズから20キロメートル離れた場所からも見ることができる。「絶対に通報しないでください」と告知したのもそのせいだ。

[PR]

 この前代未聞のゴージャスな演出には、1000人を越えるファン以上に、ダニエル本人が大興奮した様子だった。一方、客席アリーナの最前方で、ダニエルに黄色い声援を送っていた都内から来たという竹内さんは、前日にも成田空港で、ダニエルを出迎えた熱狂的なファン。空港での出迎えは一瞬だったが、この日は、たっぷりと生のダニエルを堪能。「こんなに近くで見られて幸せ」と喜びを語っていた。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は7月20日より全国公開。
オフィシャルサイト orderofphoenix.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]