ケイト・ベッキンセイル、新作映画で女性記者にふんする?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
知的な役にはもってこいのケイト・ベッキンセイル - Chris Walter/WireImage.com

 『アンダーワールド:エボリューション』でクールな女性ヴァンパイアにふんしたケイト・ベッキンセイルが、新作映画で女性記者役を演じるかもしれない。タイトルは『ナッシング・バット・ザ・トゥルース』(原題)で、スパイであるのをコラムニストに暴露された元CIA捜査官バレリー・プレイム事件に似ているストーリー展開で、ワシントンDCを舞台に、ベッキンセイルふんする女性新聞記者がCIAエージェントを追求する政治ドラマだ。『ディパーテッド』のヴェラ・ファーミガがCIAエージェント役に、マット・ディロンが検察官役に、アラン・アルダが刑務所に収監されてしまった主人公を助け出そうとする弁護士役に、「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のイーディ・ファルコが主人公の記事を書く新聞社の編集者役にふんする。監督は『ラスト・キャッスル』のロッド・ルーリーが自らの脚本のもとメガホンを取る。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]