パリス・ヒルトン、『ソウ』シリーズのクリエイターによるホラー・ミュージカルへ出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パリスは不死身。 - Jean Baptiste Lacroix/WireImage.com

 『蝋人形の館』でゴールデン・ラズベリー賞のワースト助演女優賞を受賞したパリス・ヒルトンが、再びホラー映画へ出演することが決まった。作品は、『リーポウ!ザ・ジェネテック・オペラ』(原題)で、疫病により人類滅亡の危機に瀕している近未来を舞台にしたホラー・ミュージカルだ。『スパイキッズ』シリーズのアレクサ・ヴェガと『グッドフェローズ』のポール・ソルヴィノも出演し、監督は『ソウ2』と『ソウ3』のダーレン・リン・バウズマンがあたり、製作は『ソウ』と同じくライオンズゲートとツイステッド・ピクチャーズがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]