ベストセラー小説の映画化作品でマーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオが再コンビ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レオナルド・ディカプリオ

 『ディパーテッド』でコンビを組んだマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが、ベストセラー小説の映画化作品で再び手を組むことが決まった。ヴァラエティ紙が伝えたところによると、『ミスティック・リバー』の原作者として知られるデニス・ルヘインの小説「シャッター・アイランド」の映画化作品でスコセッシとディカプリオが再びコンビを組むそうだ。物語は、1954年のボストン沖のシャッター島にある精神病院を舞台に、行方不明になった女性患者を捜査する連邦保安官を主人公にしたミステリーで、ディカプリオは連邦保安官テディ役で出演交渉中だそうだ。脚本は『アレキサンダー』のレータ・カログリディスが手掛け、スコセッシとディカプリオは製作にも関わる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]