美波が“気持ちいい~”体験で「欲求満たされました!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
欲求満たされました。

 23日、渋谷Q-AXシネマで映画『ROBO☆ROCK』の初日舞台あいさつが行われ、塩谷瞬中山祐一朗美波、そして須賀大観監督が登壇した。

 現在放送中のテレビドラマで人気アイドル、赤西仁らと共演している美波は、『ROBO☆ROCK』で塩谷演じる主人公を振り回す女の子を熱演。部屋の中をメチャクチャに壊すシーンもあるが、「監督から『破壊しまくって』と言われたんで、思いっきりやった。いろいろなものを投げたりして、とても気持ち良かった」と撮影中のエピソードを告白。須賀監督も「破壊欲求を満たしていたよね」と美波のブチキレた演技を絶賛していた。

 劇中にはランドツェッペリンと呼ばれる巨大ロボットが登場。司会者から「こんなロボットが身近にあったらいかがですか?」と質問されると、美波は「使い道がないんで、じっとしていてほしい」と夢のないコメント。すかさず男性陣から「男のロマンなのに!」とツッコミが入り、須賀監督も「この映画は使い道がないんですね」と苦笑いしていた。そんな監督も、朝早い舞台あいさつにもかかわらず「こんばんはー」と元気よくあいさつし、誰よりも“天然”な素顔をのぞかせた。

[PR]

 『ROBO☆ROCK』は、ロックシンガーになり損ね、裏社会の便利屋となった青年(塩谷)が巨大ロボットをめぐる陰謀に巻き込まれる青春コメディー映画。デジタルアニメーションの先駆者として知られるGONZOが初めて手掛けた実写作品だ。

映画『ROBO☆ROCK』は渋谷Q-AXシネマほかにて公開中
オフィシャルサイト roborock.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]