話題のヴァンパイア小説「トワイライト」映画版の主演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリステン・スチュワート - Matt Carr / Getty Images

 日本でも翻訳本が出版され話題の、ステファニー・メイヤーの青春ヴァンパイア・ロマンス小説「トワイライト」映画版の主演が決まった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、『ザスーラ』や『ゴースト・ハウス』の若手女優クリステン・スチュワートが『トワイライト』(原題)で17歳の主人公イザベラ(ベラ)・スワン役を演じるそうだ。物語は、イザベラが転校した学校で美形の吸血鬼のクラスメートと出会い、恋に落ちるストーリーで、スタジオ側は映画はフランチャイズ化し、ヴァンパイア版「ロミオとジュリエット」みたいな作品にしようと考えているようだ。監督は『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』や『ロード・オブ・ドッグタウン』のキャサリン・ハードウィックがあたり、『プラダを着た悪魔』のカレン・ローゼンフェルトグレッグ・ムーラディアンマーク・モーガンがプロデュースする。撮影は来年2月から開始される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]