吉永小百合に「怒鳴られてうれしい」「体をピッタリ合わせたい」と浅野、鶴瓶らメロメロ……

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、吉永小百合、笑福亭鶴瓶、山田洋次、浅野忠信、野上照代

 11日、ザ・ペニンシュラホテル東京で映画『母べえ』の完成を記念し、山田洋次監督をはじめ、主演の吉永小百合浅野忠信笑福亭鶴瓶坂東三津五郎檀れい志田未来、そして佐藤未来が記者会見に勢ぞろい。この日は黒澤明監督作品のスプリクターを務め、1984年に発表した自伝的小説「父へのレクイエム」が今回の映画化となった原作者の野上照代さんも登壇した。

 鶴瓶は、2人の娘を育てる吉永が演じる“母べえ”が、娘の“照べえ”をしかるときに「誤って“つるべえ”とおっしゃった!」と日本を代表する名女優の“迷”発言ぶりを公表し、「わたし、ややこしい名前ですんません。そうはいっても吉永さんに2回も怒鳴られるのは、すごいうれしかったですわ」と顔を赤らめた。続いて浅野も、海水浴で浅野がおぼれて吉永に助けられるシーンについて「もっと体をピッタリあわせる形で、助けてもらいたかったですね」と図々しくも発言し、日本男児の吉永に対するアツーイ思いを代弁する格好となった。

 一方の坂東はというと、「吉永さんが愛する夫という大変幸せな役どころで。とはいえ、幸せなシーンは長くは続かず、すぐに監獄の中に入ってしまいましたから……」と吉永との“絡み”は少なかったようで、複雑な心境の面持ちを見せて、会場の笑いを誘っていた。

[PR]

 「母親役としては、老けているのでは?」という不安があったという吉永は、「昔のお母さんは皆、疲れていたから大丈夫! と監督に励まされ、納得して出演できました」と話すと、「そんなこと言ったかなあ」とトボけつつ「ねぇ、野上さん」と押し付けがましく(?)コメントを求めた山田監督。野上は苦笑しながら、「うまいこといって吉永さんを口説かれたのねぇ。とはいっても実物の“母べえ”はこんなに美しくないし、“照べえ”も似ても似つかないわよ」と謙遜(けんそん)しつつも、「素晴らしい映画が仕上がって感無量です」と、完成の喜びをかみしめていた。

『母べえ』は、激動の昭和という時代の中で、母と娘が明るく懸命に生きる姿を描いた作品。

映画『母べえ』は2008年1月26日より全国公開
オフィシャルサイト kaabee.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]