映画版『ホビットの冒険』、ピーター・ジャクソン監督のプロデュースにより正式スタート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ピーター・ジャクソン監督 - Michael Caulfield / wireimage.com

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの新作となる映画版『ホビットの冒険(ザ・ホビット)』が、ピーター・ジャクソン監督のプロデュースにより正式に製作スタートすることがニューライン・シネマとMGMによって発表された。同作は、『ロード・オブ・ザ・リング』の会計問題をめぐってジャクソン監督の製作会社ウィングナットが製作元のニューライン・シネマを訴えたことで映画化が危ぶまれていたが、このたびニューラインとジャクソン監督の和解が実現し、製作がスタートすることとなった。「ホビットの冒険」は、J.R.R.トールキンが『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの主人公フロドの養父であるビルボ・バギンズを主人公に、13人のドワーフたちとともに竜から奪われた財宝を取り返そうとする壮大なファンタジーだ。映画版は、ニューラインとMGMの共同出資で、ピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュが製作総指揮を務め、映画は前・後編の2本立てとなる。2009年から前・後編2本を並行して撮影し、2010年に前編、翌11年に後編の公開を予定している。

"The Hobbit"オフィシャルサイトhttp://www.thehobbitblog.com/

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]