リンジー・ローハン、死体安置所でボランティア

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 酒気帯び運転の罪の一環として、リンジー・ローハンが死体安置所でのボランティアを言い渡された。これは、酒気帯び運転により死者が出る可能性があることを認識させるために行われているプログラムで、ローハンは1日4時間、計2日間、勤務することになる。また、このほかにも病院の救急室でも2日間働くことを言い渡されている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]