マーティン・シーン、ジェニファー・アニストン主演映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・シーン - Mike Guastella / wireimage.com

 マーティン・シーンが、すでにジェニファー・アニストンアーロン・エッカートの主演が決まっているユニヴァーサル・ピクチャーズの新作『トラベリング』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同作は、喪失感に対する自助団体のカリスマ作家がセミナーに参加した女性と恋に落ち、自らが妻の死を乗り越えていないことに気付く人間ドラマで、エッカートが男やもめの作家役を演じ、アニストンは彼が恋する花屋の女性にふんする。シーンは作家の父親役で、父子はギクシャクした親子関係にあるという設定だ。また、映画『燃えよ!ピンポン』のダン・フォグラーと映画『エリザベスタウン』のジュディ・グリア、映画『敬愛なるベートーヴェン』のジョー・アンダーソン、映画『ゾディアック』のジョン・キャロル・リンチも共演し、監督はブランドン・キャンプがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]