メル・ギブソンに騙された!脚本家が訴訟起こす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メル・ギブソン - Steve Granitz/WireImage.com

 メル・ギブソンが、2004年の映画『パッション』をめぐり、この作品の脚本家に訴えを起こされた。この脚本家は、ギブソンと共同脚本にクレジットされているが、ギブソンにだまされて少額のギャラで脚本を書くことになり、映画の興業が成功してもそのギャラは増額されなかった、と訴えている。また、ギブソンはこの映画が生み出した収入からはお金を受け取らず、すべての収益はスタッフに渡すと約束していた、と申し立てている。ギブソンのパブリシストからコメントは出ていない。[2月12日 ロサンゼルス]

関連記事:メル・ギブソン、逮捕後初、テレビ番組のインタビューへ登場
関連記事:メル・ギブソンがナンバー1セレブ
関連記事:M・ギブソン、死語を使って監督に挑戦

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]