スパイク・リー監督、大統領選挙を前に学生に呼びかけ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スパイク・リー - Kevin Mazur/WireImage.com

 スパイク・リー監督が、今年11月に行われるアメリカ大統領選挙について、大学生たちの前で演説を行った。現在アメリカの大統領選挙は予備選挙の段階だが、リー監督はオハイオ州の大学で、「11月の本選挙では、この国が前に進むか、あるいは後退してしまうか、その将来を決めることになる。正しいことをしよう。それができるかどうかは君たち次第だ」と呼びかけた。リー監督自身は、民主党の予備選挙でリードを広げているバラク・オバマ候補を支持している。オバマ候補がもしも大統領となれば、アメリカ初の黒人大統領が誕生することになるが、「僕は大学に進むまで映画監督になろうなんて思っていなかった。でも、自分がアフリカ系アメリカ人であることで、映画で観るシーンは僕が暮らす町で日々起きていることだと気づいたんだ」と語り、アフリカ系アメリカ人が多くの現実を目撃している点をアピールした。

関連記事:スパイク・リー監督、ネット映画祭を開催
関連記事:スパイク・リー監督が「パソコンで映画が作れる時代。新しい才能求む!」
関連記事:スパイク・リー監督、国民に投票を促す

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]