アカデミー賞、脚本賞は、元ストリッパーの『JUNO/ジュノ』脚本家ディアブロ・コディに!

第80回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ディアブロ・コディ - Frank Micelotta/wireimage.com

 25日、第80回アカデミー賞授賞式が開催され、脚本賞が発表された。ノミネートされた作品のうち映画『JUNO/ジュノ』の脚本家ディアブロ・コディが受賞。元ストリッパーの脚本家として、本作で一躍注目を浴びているディアブロは、アカデミー賞にも右腕のタトゥーをあらわにしたヒョウ柄のドレス姿。プレゼンターのハリソン・フォードに名前を呼ばれた彼女は、涙ぐみながらスタッフや、出演者、そして監督に感謝の気持ちを述べた。最後に「ありのままのわたしを受け入れてくれた家族、ありがとう」と話した途端、言葉に詰まってしまった彼女に、会場からは大きな拍手が送られた。(協力・WOWOW)

WOWOWオフィシャルサイト
関連記事:『ノーカントリー』『ジュノ』、全米脚本家協会賞を受賞
関連記事:アカデミー賞の前哨戦に日本人は食い込めず…
関連記事:第80回アカデミー賞特集

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]