麻薬王を題材にした映画でマーク・ウォールバーグとレオナルド・ディカプリオ再共演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーク・ウォールバーグ

 マーク・ウォールバーグが麻薬王を演じることが決まっている新作映画へ、レオナルド・ディカプリオが出演するとインターネットサイトPage Sixが伝えた。二人の共演が実現すれば、『バスケットボール・ダイアリーズ』と『ディパーテッド』に続いて3度目となる。作品は、2006年のドキュメンタリー映画『コカイン・カウボーイズ』(原題)をリメイクするもので、同ドキュメンタリーに登場していた麻薬王ジョン・ロバーツ役をウォールバーグが演じ、ディカプリオはロバーツと共に旅をしてコカインを輸送したパイロット役を演じる。

 ドキュメンタリー映画『コカイン・カウボーイズ』(原題)は、1980年代を振り返り、いかにしてマイアミがコカイン取引によって経済的に潤い、殺人や抗争が起きたかを描く問題作で、単館公開されたアメリカでは物議を醸した。

関連記事:暴行、強盗、ドラッグ、警察に20回のお世話!…極悪マーク・ウォールバーグの逆転人生
関連記事:朝青龍は角界で孤高のヒーロー? マーク・ウォールバーグに同感!
関連記事:ディカプリオ&マット・デイモン共演『ディパーテッド』がNYでワールド・プレミア

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]