なぜ?パンダとカンフーが映画業界を席巻!その理由は北京五輪……

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『カンフー・パンダ』 - Kung Fu Panda TM &(C)2008 DREAMWORKS ANIMATION L.L.C. ALL RIGHTS RESERVED

 今年の春から夏にかけてなぜか、カンフー、パンダといった中国を連想する映画タイトルがめじろ押しだ。なんとカンフー関連の映画が3本。そしてパンダ関連の映画が2本公開を控えている。さらにその2つを合わせ持った映画『カンフー・パンダ』も上映される。

 カンフー関連の映画では、泉ピン子が太極拳の達人を演じ、日本にやってきたクリクリ頭のカンフーくんがカンフーを使って悪を倒す姿をコミカルに描いた映画『カンフーくん』。続いて、映画『少林サッカー』で監督、脚本、主演をしたチャウ・シンチーが、 数々の大ヒット映画を手掛けた亀山千広と共にプロデューサーを務める『少林少女』。監督は『踊る大捜査線』シリーズで亀山プロデューサーとコンビを組んだ本広克行。主演は柴咲コウで、体を張った迫力のアクションシーンが期待される。そして現在アジアで大ヒットを記録している香港映画『カンフーダンク』などがある。

 パンダ関連では、パンダを主人公とした動物ドキュメンタリー 『パンダフル ライフ』や、スタジオ・ジブリの高畑勲・宮崎駿コンビが36年前に手がけた短編映画『パンダ・コパンダ』が首都圏の劇場にて再上映される。2001年にリリースされたDVDは現在廃盤で、ジブリファンの間では幻の作品となっている。

[PR]

 そしてパンダとカンフー、2つの要素を合わせ持った最強の作品が、ジャック・ブラックら豪華声優陣で描く、映画『カンフー・パンダ』だ。ラーメン屋で下働き中のパンダのポーが、偶然最強のカンフー戦士であるドラゴン・ウォリアーに選ばれてしまうというアクション・コメディー。映画『シュレック』シリーズのドリームワークスが最新のCG技術で描く、笑いあり涙ありの大作アニメーション作品で、脇を固める声優にジャッキー・チェンアンジェリーナ・ジョリーなど、主役級の俳優たちがキャスティングされている。

 なぜ、こんなにもパンダ映画とカンフー映画が多いのか? その理由はもちろん、日本代表の選考会などで徐々に盛り上がってきている北京五輪の影響だろう。中国といえば、パンダ! そして中国の伝統的スポーツといえばやはりカンフー! この単純な連想が潜在的に浸透しているからこそ、今年は映画業界もオリンピックイヤーになりそうだ。

『カンフー・パンダ』は小心者のパンダ、ポー(ジャック)が極悪非道なタイ・ランから“平和の谷”を守るべく、仲間たちの力を借りてカンフー修行を積んでいく姿をコミカルに描いた作品。

映画『カンフー・パンダ』は7月26日より全国公開
オフィシャルサイト kf-panda.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]