『スパイダーマン4』のスパイダーマン役に奥菜恵と共演した俳優が立候補!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「バットマン役もいいところまでいったんだけどね……」ジョシュア・ジャクソン - Dimitrios Kambouris / wireimage.com

 落合正幸監督映画『Shutter/シャッター』(原題)で奥菜恵と共演したジョシュア・ジャクソンが、MTVのサイトのインタビューに答えた。TV「ドーソンズ・クリーク」のペイシー役で知られるジャクソンは、過去に映画『バットマン ビギンズ』の新バットマン役として最終選考の4、5人まで残った話をしたうえで、「正直に言うと、僕がもっとも自然に演じられるスーパーヒーローというとスパイダーマン役だと思う。でも、あの役にはもう(トビー・マグワイアという)ぴったりな役者が決まっているからね」と語った。しかしながら、マグワイアはまだ映画『スパイダーマン』シリーズ4作目への出演契約にはサインしていないと伝えられている。「実のところ、『スパイダーマン』のストーリーはティーンエイジャーが年頃に経験することを描く寓話的な部分もあるから、僕が主人公を演じるには年をとり過ぎている」と29歳のジャクソンは言いつつも、スパイダーマン役に対して前向きなところをみせた。

 映画『スパイダーマン』シリーズ4作目に関しては、サム・ライミ監督がシリーズ4作目だけでなく、5作目、6作目まで構想があることを明かしていて、ソニーが脚本家を決めて脚本が出来上がるを待っていると昨年末に発言している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]