シェカール・カプール、故アンソニー・ミンゲラ監督の遺作を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シェカール・カプール - Sergio Dionisio / Getty Images

 『エリザベス』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』のシェカール・カプールが、3月18日に亡くなったアンソニー・ミンゲラ監督がメガホンを取る予定だった映画『ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー』(原題)を監督すると自身の公式ブログで明らかにした。公式ブログによると、ミンゲラ監督が亡くなる2日前にカプールに電話をし、同作の監督をしてくれないかと頼んだそうだ。作品は、映画『パリ、ジュテーム』のように1編5分の短編映画を12人の監督が撮っていくオムニバス映画で、ミンゲラは脚本を完成させていたが、キャスティングや撮影は開始されていなかった。映画は命の大切さを描いていくそうだ。

 同オムニバス映画には、スカーレット・ヨハンソンナタリー・ポートマンブレット・ラトナーミーラー・ナーイルらが監督として参加することが決まっている。

シェカール・カプール公式ブログ shekharkapur.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]