インディは老けたのか?カンヌ、辛口採点も

第61回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まだ、イケルよ!-カンヌのハリソン・フォード

  第61回カンヌ国際映画祭にて現地時間18日に映画『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』のワールドプレミアが行われ、カンヌは大盛り上がりとなったが、記者の採点は好評価ばかりでなく厳しいものもあった。

 フランスの映画誌「la film francais」の雑誌・新聞記者による星取りでは、採点を付けた9人中最上級の「パルム・ドール」が1人、三つ星が1人いたが、6人が星1つと低評価。「全然ダメ」も1人いた。 同作品は、19年ぶりとなるシリーズ最新作ということで話題に。プレス試写では、旧ソ連の女将校役のケイト・ブランシェットが、ロシアなまりの英語を駆使してイキイキと悪役を演じている姿や、インディの蛇嫌いネタに笑いが起こるなど、観客を最後まで飽きさせない仕掛けが満載だ。【関連作品の写真はこちら】

 しかし、映画を観た記者が異口同音に口にしたのは「インディ、やっぱり老けたな」の声。このカンヌの反応が各国の公開に影響するのかが注目される。 (取材・文:中山治美)

[PR]

映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』は6月21日より全国にて公開
オフィシャルサイト indianajones.jp

{link text="【関連記事】第61回カンヌ国際映画祭コンペ作の見どころ"url="http://cinematoday.jp/page/A0001733"}
{link text="【関連記事】スピルバーグ、ルーカス、ハリソン3人が『インディ・ジョーンズ』で集結!"url="http://cinematoday.jp/page/N0013853"}
{link text="【関連記事】『インディ・ジョーンズ5』はハリソン・フォードなしで主役はシャイア・ラブーフ?"url="http://cinematoday.jp/page/N0013851"}
{link text="【関連記事】香川照之、長男だっこでレッドカーペット!"url="http://cinematoday.jp/page/N0013844"}

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]