ジョナサン・デミ、ボブ・マーリィ伝記映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョナサン・デミ - Paul Hawthorne / Getty Images

 ジョナサン・デミ監督が、ボブ・マーリィの伝記映画でメガホンを取るとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同伝記映画は以前マーティン・スコセッシが監督候補に挙がっていた作品で、タイトルは現在のところ未定で、映画はマーリィの生誕65周年記念にあたる2010年2月6日に世界公開される予定だ。

 ボブ・マーリィは、1981年に脳腫瘍(しゅよう)で36歳の若さで亡くなったジャマイカ出身のミュージシャンで、レゲエを世界に広めた最大の功労者であり、レゲエの神様と呼ばれている。死後もマーリィの音楽は多くのミュージシャンに受け継がれていて、いまだに世代を超えて愛されている。

 アカデミー監督賞を受賞した映画『羊たちの沈黙』の印象が強すぎて、監督作に恵まれていない感があるデミ監督だが、2006年にはロック界の伝説の歌手ニール・ヤングのコンサートに密着したドキュメンタリー映画『ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~』を監督し、高い評価を得ている。

【関連記事】ジョナサン・デミ監督、アメリカの政治を批判

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]