黒沢清の『トウキョウソナタ』がある視点部門で審査員賞を受賞!

第61回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『トウキョウソナタ』の小泉今日子、黒沢清監督、香川照之 - Photo:Harumi Nakayama

 第61回カンヌ国際映画祭にて、コンペティション部門以外の各賞の発表が現地時間24日に行われ、黒沢清が監督、香川照之小泉今日子が出演した映画『トウキョウソナタ』が「ある視点」部門で次点に当たる審査員賞を受賞した。【関連作品の写真はこちら】

 また、元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンを追ったドキュメンター『タイソン』も同部門で、4席目に当たるその名も「ノックアウト賞」を受賞した。そのほかの賞は以下の通り。

〈ある視点部門〉
●ある視点部門賞(最優秀作品賞)
『トゥルパン』セルゲイ・ドボルツェボイ監督(カザフスタン)

[PR]

〈批評家連盟賞〉
●コンペティション部門から
『デルタ』コーネル・ムンドルッツォ(ハンガリー)

●ある視点部門から
『ハンガー』ステーブ・マックイーン監督(英国)

●監督週間部門から
『エルドラド』ボウリ・ラナーズ監督(ベルギー)

〈エキュメリック賞(全キリスト協会賞)〉
●『アドレーション』アトム・エゴヤン監督(カナダ)

(取材・文:中山治美)

{link text="【関連記事】第61回カンヌ国際映画祭コンペ作の見どころ"url="http://cinematoday.jp/page/A0001733"}
【関連記事】香川照之、長男だっこでレッドカーペット!
【関連記事】父親はブラザー・トム!自力でカンヌへの道を得た小柳友19歳
【関連記事】小泉今日子、感激!カンヌでレッドカーペット・デビュー!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]