ランボーはすでに死んでいた?…禁断の自殺シーンが新作で初公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これがその幻のシーン。左がランボー、右がトラウトマン大佐-『ランボー 最後の戦場』より

 “世界最強の一人軍隊”として、アンチヒーロー像を世に示し、大ヒットした映画『ランボー』シリーズの第4弾映画『ランボー 最後の戦場』に第1作目でカットされ、実際には上映されなかったランボーが自殺をする幻のシーンが挿入されていることがわかった。【関連作品のギャラリーはこちら】

 この幻のシーンとは、1作目で原作どおりランボーが自らを銃で打ち抜いて死ぬという衝撃的なもの。リチャード・クレンナ演じるトラウトマン大佐に銃をにぎらせ、ランボー自らがトリガーに手をかけさせて大佐に撃たせるという悲惨な内容だ。

 1作目を公開する前に試写を行ったところ、これではあまりにもランボーがかわいそうすぎるという意見が多数だったため、ベトナム兵の悲哀を独白するシーンに差し替えられてランボーは生き延び、おかげでここからランボー伝説が始まったことは周知の事実だ。

[PR]

 新作『ランボー 最後の戦場』には、フラッシュバックのように一瞬だがこのカットされた幻のシーンが出てくる。もちろん、監督であるシルヴェスター・スタローンが入れたものだ。スタローン演じるランボーが、一人で戦い続けてきた過去の自分と、祖国に戻りたいと願う自分に悩み葛藤(かっとう)する内面をこのカットされたシーンを挿入することで表現したかったのではないか。

映画『ランボー 最後の戦場』は日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にて全国公開中
オフィシャルサイト rambo.gyao.jp

【関連記事】ジョン・ランボー最後の戦いへの道のり
【関連記事】えっ!ランボーが豆腐に!?男前豆腐にランボーが登場!
【関連記事】ランボーは最後ではない?20年ぶりの来日会見でスタローン、ミャンマー政権を厳しく非難!
【関連記事】ミャンマーの独裁を描くウェブ動画に、スタローンやセガールらセレブが続々出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]