「インディ・ジョーンズ」初の来日会見に総勢850人の報道陣!ルーカス、ハリソンが来た!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再結集を喜ぶ面々

 4日、六本木グランドハイアット東京で映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の来日記者会見が開催され、主演のハリソン・フォードカレン・アレン、製作総指揮のジョージ・ルーカス、製作を手掛けるフランク・マーシャルキャスリーン・ケネディが出席した。【関連写真はこちら】

 これまで数回、映画のキャンペーンで日本の地を踏んでいるハリソンだが、インディ・ジョーンズとしては初来日。会場にはテレビカメラ70台、スチールカメラマン180人、記者600人総勢850人ものマスコミ陣が集結し、19年ぶりに復活した映画史上屈指のヒーローに大きな拍手と歓声を送っていた。もちろんこれほど多数のマスコミ陣は、今年行われた来日記者会見では最大級のスケール。改めてその注目度がうかがえた。

 一方、ハリソンをはじめステージ上の5人も今回の再結集に、純粋な喜びを覚えている様子。残念ながら、監督を務めたスティーヴン・スピルバーグはまな娘の卒業式とバッティングしてしまい、来日を果たすことはできなかったが、リラックスした雰囲気で進む記者会見は、まるで同窓会のようだった。特にシリーズ1作目以来、27年ぶりに『インディ・ジョーンズ』シリーズに帰って来たカレン・アレンは、初来日ということもあり感慨深い表情だった。

[PR]

 「ジョージとスティーヴンがそろい、さらに今回はカレンとも共演できた。まるでクリスマスの朝みたいだよ。新しいオモチャを与えられたような気分だった」と笑顔のハリソン。隣に座るルーカスが、本作の時代設定を1950年代にしたことについて「前3作のように1930年代を舞台にした映画を作ることはできない。だってハリソンが明らかに歳を取ってるからね(笑)」と説明すると、ハリソンは頭をポリポリかきながら苦笑いを見せる一幕も。これにルーカスは「みんな年を取ったのさ」と付け加えていた。

 会見の最後には、改めて5人が肩をがっちり組み合い、チームとしての結束の固さをアピールしてくれた。そのチームワークの良さこそが『インディ・ジョーンズ』シリーズの魅力であること。そして彼らなら再び新たな伝説を作り上げてくるはずとヒシヒシ伝わる来日記者会見となった。

 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』は1957年を舞台に、神秘のパワーを秘めた“クリスタル・スカル”をめぐって、インディとロシア軍が攻防を繰り広げるアクションアドベンチャー。すでに世界63か国で興収ナンバーワンをマークし、シリーズ歴代記録を更新中だ。

映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』は6月21日より全国公開
オフィシャルサイト indianajones.jp

【関連記事】大阪のくいだおれ太郎が「インディ・ジョーンズ」プレミアでレッドカーペットを歩く!
【関連記事】スピルバーグ、ルーカス、ハリソンがインディ復活にかける思いを語る!
【関連記事】『インディ・ジョーンズ』最新作でロズウェル事件の真相を暴く?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]