日本の地球外生命体ゆうこりんにチャウ・シンチーが仰天ポカーン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゆうこりんにはチャウ・シンチーもタジタジ

 3日、日本科学未来館にて、映画『ミラクル7号』の記者会見が行われ、来日した監督・主演のチャウ・シンチーシュー・チャオが、特別ゲストとして登場したゆうこりんこと小倉優子と爆笑トークを繰り広げた。【関連写真はこちら】

 “ナナちゃん”という、地球外生命体が登場する本作。その内容にちなみ、日本で最も有名なエイリアンとして登場したゆうこりんは、いつものように「コリン星からやってきた小倉優子です」とチャウ・シンチーにあいさつ。しばしポカーンとした後「信じられない!」といった様子で、「本当にエイリアンなんですか? テレビドラマの話じゃなくて?」と尋ねるチャウ・シンチーに、ゆうこりんは「ドラマの話ではないんですけど……。うーん、半分エイリアンです」とマイペースに回答。「……よくわかりました」と目を白黒させて半ば無理やり自らを納得させるチャウ・シンチーの姿に、会場は爆笑に包まれた。

 その後も、「今度またエイリアンの映画を作るとしたら、わたしを出演させてくれますか?」と無邪気にお願いするゆうこりんに、最初は「なぜもっと早く会えなかったんだ! 会えていれば『ミラクル7号』はもっと違った作品になっていたのに」とうまくかわして逃げていたチャウ・シンチーだったが、「アクションをやってみたいんです」と語るゆうこりんに興味をそそられたのか、「エイリアンがアクションする映画ですね。わかりました。そのためにはまず、カンフーの練習をしなければ」とまじめに回答。しかし、今度はゆうこりんが「うーん。これから練習してみます……」と途端に逃げ腰になり、そのチグハグぶりに会場は再び爆笑に包まれていた。

[PR]

 『ミラクル7号』は、前作『カンフーハッスル』以来3年ぶりにしてチャウ・シンチー初のSF映画。貧乏な親子が、使えない地球外生命体を拾ったことから起こる騒動を描く。

映画『ミラクル7号』は6月28日よりシネマスクエアとうきゅうほかにて全国公開
オフィシャルサイト miracle7.jp

【関連記事】ゆうばりの子どもたちへ、チャウ・シンチー監督からサプライズ・プレゼント!
【関連記事】チャウ・シンチーにインタビュー!
【関連記事】チャウ・シンチー3年ぶりの新作『ミラクル7号』香港プレミア大盛況!
【関連記事】もしや…E.T.?チャウ・シンチー3年ぶりの新作!超貧乏親子と地球外生命体のSF巨編!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]