ロビン・ウィリアムズ、名物市長の伝記映画へ出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロビン・ウィリアムズ - Munawar Hosain / Getty Images

 感動のドラマ映画『奇跡のシンフォニー』の公開が楽しみなロビン・ウィリアムズが、新作映画『ザ・プリンス・オブ・プロビデンス』(原題)への出演交渉中とハリウッド・レポーター紙が伝えた。作品は、マイケル・スタントンの小説を基に、21年に渡ってロードアイランド州プロビデンス市長を務めてきたヴィンセント・アルバート・“バディ”・シァンチ・Jrの半生を描く伝記映画で、オリヴァー・プラットが市長を演じる。エドワード・バーンズダーモット・マローニーアダム・ゴールドバーグ、ブラッドリー・クーパーも出演し、監督は『アメリカン・バッファロー』のマイケル・コレントがあたる。撮影は今年の夏の終わりごろにロードアイランド州で行われる予定だ。

 在職期間がプロビデンス市史上最長、そして終身在職においてはアメリカ史上最長のシァンチ市長は、スターとの交友もあり、名物市長としてテレビドラマ「プロビデンス」でも描かれているが、恐喝や詐欺などの連邦犯罪で起訴され、有罪判決を受けたこともある人物だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]