「CSI:科学捜査班」ウィリアム・ピーターセンの後釜はローレンス・フィッシュバーン?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
わたしかもしれない。-ローレンス・フィッシュバーン- - Bryan Bedder / Getty Images

 降板が決まった「CSI:科学捜査班」の顔、ウィリアム・ピーターセンの穴を埋めるのはローレンス・フィッシュバーンになるかもしれない。米TVガイドによると、ローレンスとの話し合いは順調に進んでおり、契約間近らしい。出演が決定すれば、最初は部外者としてCSIに参加し、新しいボスになるわけではないようだ。DNAのエキスパートで、連続殺人犯には共通した遺伝子があることを発見し、自分もその遺伝子を持っているというストーリーになるという。

エグゼクティブ・プロデューサーとしては番組に残るウィリアムは、今シーズンの第10話までは出演し、今後はスペシャルゲストとして出演していく予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]