ボンド新作のワールド・プレミアにイギリス王子たちが出席へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダニエル・クレイグ

 ボンド映画の新作映画『007/慰めの報酬』のワールド・プレミアが、10月29日にロンドンで開催されることになり、イギリス王室が出席する「ロイヤル・プレミア」となることが決まった。

映画『007/慰めの報酬』

 王室からはウィリアム王子とハリー王子が出席する。当日、レッド・カーペットには主演のダニエル・クレイグジェマ・アータートンジュディ・デンチなどが登場する予定。ウィリアム王子とハリー王子は、今回のイベントの収益の一部を兵士たちのための2つのチャリティー基金に寄付するよう製作側に願い出ており、本作のプロデューサーは「チャリティー基金を通じて兵士たちを助けることに役立てれば、とても光栄だ」と語っている。この2つのチャリティーは、戦闘で負傷した兵士たちを援助する「ヘルプ・フォー・ヒーローズ」と、現在従軍中の兵士たちを援助する「ロイヤル・ブリティッシュ・リージォン」。二人の王子はどちらもイギリス国軍に在籍しており、特にハリー王子は緊張のアフガニスタンで自ら前線に身を置くなど、兵士たちの感情を生身で感じているだけに、大ヒット映画を通じて戦地で戦う兵士たちへの協力をうながすようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]