南沢奈央、18歳…鼻血出しながら演じた驚異的アクセスのケータイ小説の映画版『赤い糸』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮影中に鼻血を流しながらがんばった南沢奈央と下痢で3キロもやせた溝端淳平。右端は岡本玲。

 26日、話題のケータイ小説を映画化した映画『赤い糸』の撮影報告会見がフジテレビ湾岸スタジオで行われ、プロデューサーの種田義彦関谷正征森安彩、主演の南沢奈央溝端淳平木村了岡本玲石橋杏奈桜庭ななみ柳下大鈴木かすみ田島亮岩田さゆり、そして矢崎広が登場した。

 原作のケータイ小説「赤い糸」は、2006年7月下旬に登場して以来アクセス数を伸ばし続け、8月22日現在で累計3,600万の驚異的なページビューを突破した。映画は7月中旬からクランクインし、9月上旬にはクランプアップの予定という真夏の撮影だ。芽衣役の南沢は18歳。この日、若さでピカピカの制服で登場し「もともと汗をかかない体質なので、体内に熱がたまるらしく、鼻血を何度も出しちゃいました。でも、夏の暑さに強くなったと思う」と流血しながらも前向きに撮影に臨んだことを明かした。

 敦史役の溝端は、猛暑対策で水をがぶ飲みしながら撮影に挑んだせいか「ずっと下痢が続いて、3kgもやせてしまった」と当時を振り返った。地方撮影では、神谷役の田島と一緒に病院で2時間点滴を受けたことがあったそうだが、担当した看護師は溝端のことをほかの俳優と勘違い。苦笑いしながらサインに応じてあげたという、涙ぐましいエピソードを明かしてくれた。 
 
 『赤い糸』は、主人公の芽衣(南沢)が10年来の初恋に破れたとき、敦史(溝端)との運命的な出会いを果たすものの、二人の壮絶な過去に加え、悲劇が次々と降りかかる激しくもピュアなラブストーリー。映画とテレビドラマを同時に、同じキャストとスタッフで映像化する史上初の試み。ドラマでは放映されないエピソードがスクリーンの中に登場し、映画のラストシーンに続く物語がドラマで見られる。

映画『赤い糸』は12月、全国公開予定

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]