「バットマン」次回作の悪役をマイケル・ケインがワーナーの重役に聞いてみた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お楽しみに! -マイケル・ケイン - Bryan Bedder / Getty Images

 映画『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』で執事アルフレッドを演じたマイケル・ケインが、次のバットマン映画の悪役について明かした。

映画『ダークナイト』写真ギャラリー

 新作映画『イズ・ゼア・エニバディ・ゼア?』(原題)の上映のためにトロント国際映画祭に参加しているマイケルがMTVに語ったところによると、次のバットマン映画の悪役はうわさされている通りリドラーとペンギンだそうだ。マイケルがワーナー・ブラザースの重役に次回作を作るか聞いたところ、その重役は作ると答え、「(次回作で)どうやったらわたしたちは『ダークナイト』でジョーカーを演じたヒース(・レジャー)を超えられるんだい?」とのマイケルの質問には、「ヒースを超えるには……ジョニー・デップのリドラーにフィリップ・シーモア・ホフマンのペンギンはどうだい」と語ったそうだ。

 マイケルに答えたワーナーの重役の言う通り、ジョニーのリドラー役とフィリップのペンギン役が実現すればファンにとってもうれしいことだが、ジョニーはすでにリドラー役のうわさを否定したばかり。こうなったら、監督のクリストファー・ノーランに直接聞くしか真相は確かめられないかもしれない。クリストファー監督はバケーションに出掛けてしまったそうで、「彼は次回作の脚本を持ってそのうち戻ってくるよ!」とマイケルは語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]