アン・ハサウェイ、ティム・バートン版『不思議の国のアリス』へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
どんなふうになるかお楽しみに! - John Shearer / wireimage.com

 11日から公開される映画『ゲット スマート』では男勝りの美人スパイ、エージェント99を演じているアン・ハサウェイが、ティム・バートン監督がメガホンを取るルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」映画版へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。アンが演じるのは白の女王役で、原作では「不思議の国のアリス」の続編である「鏡の国のアリス」に登場するキャラクターだ。対する赤の女王役には、すでに撮影現場でティム監督との子どもネルちゃんを抱いている姿が激写されたヘレナ・ボナム=カーターがふんする。

映画『ゲット スマート』写真ギャラリー

 本作は、映画『ベオウルフ/呪われし勇者』のようにモーションキャプチャー・アニメーションと実写を融合させて3D映画化するもので、主人公のアリスにはオーストラリア出身の若手女優ミア・ワシコウスカがふんし、ジョニー・デップがいかれ帽子屋を演じる。ストーリーは、アリスが赤の女王によって追放された慈愛深い白の女王を助けるストーリーとなる。

 アンが高貴な役柄を務めるのは、同じウォルト・ディズニー・ピクチャーズのヒットシリーズ映画『プリティ・プリンセス』以来のこと。今回は、ヘレナやジョニーといった個性的なキャストに囲まれて、アンがどのような演技をするのか楽しみだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]