祝!初日&バースデーの芦名星、加藤雅也のせいでNG連発!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
25歳になりました。芦名星

 22日、角川シネマ新宿2で映画『ジュテーム~わたしはけもの』が初日を迎え、主演の芦名星星田良子監督が舞台あいさつを行った。

映画『ジュテーム~わたしはけもの』

 主演を務めた芦名は、タイトな撮影スケジュールをこなす中で、共演者の加藤雅也に調子を狂わされたと告白。「雅也さんがいらっしゃるまではほとんどNGを出していなかったのに」と撮影を振り返った。やることなすこと面白過ぎる加藤にすっかり翻弄(ほんろう)され、ついつい我慢できずに笑ってしまいテークを重ねた思い出深いシーンもあるそうで、「わたしが雅也さんに鍵をボトンと落とすシーンを見逃さないでください」と笑いながら観客に呼びかけた。

[PR]

 「がむしゃらに、強く生きたいともがく姿が美しい」とヒロイン・由佳への共感を口にし、高級コールガールという新しい役柄への挑戦を楽しんだという芦名だが、脚本を手にした段階では「難しかったです。フランス映画みたいな独特な感じでした」とかなり苦戦したらしい。テレビドラマ「俺たちの旅」「金曜日の妻たちへ」など名作ドラマシリーズを数多く手掛けてきた鎌田敏夫の脚本は、一筋縄ではいかない代物だったようだ。

 テレビドラマ「29歳のクリスマス」で鎌田作品を演出した星田監督によれば「行間を読み取り、パズルを解き明かす面白さがある」のだとか。その星田監督の助言でわからない部分がすべてクリアになり撮影に臨めたという芦名。一方、星田監督は「芦名さんはものすごく頭のいい方」と理解の速さを評価し、ヒロインと共通のまっすぐさと、アンニュイな一面を併せ持つ芦名ならではのキャラクターの造形になったと満足げだ。スクリーンの中で「どんどんきれいになってゆく芦名星を観てほしい」とアピールした。

 また、この日ちょうど25歳の誕生日を迎え、花束とバースデーケーキが贈られた芦名は、「今はいただいている役を演じることで充実しています。どんな役でも夢中になれなかったことはないです。25歳の1年もずっとお芝居をしていられたらいいと思います」と豊富を語った。

映画『ジュテーム~わたしはけもの』は角川シネマ新宿2ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]