『W』のジョシュ・ブローリンとジェフリー・ライト、バーでのケンカは不起訴に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョシュ・ブローリン - Jon Kopaloff / filmmagic.com

 昨年7月に、オリヴァー・ストーン監督の新作映画『W』(原題)に出演しているジョシュ・ブローリンジェフリー・ライトがバーでケンカ騒ぎを起こし、逮捕された件で司法取引をし、条件付きで不起訴になることが明らかになった。

 司法取引の内容は、3月11日までの間に二人が警察ざたを起こさなければ不起訴が確定するというもの。ジェフリーとジョシュは、ケンカの通報を受けてバーに到着した警察の邪魔をしたため、公務執行妨害で逮捕された。その際、ジェフリーはテイザー・ガンで撃たれたという。映画『ノーカントリー』『プラネット・テラーinグラインドハウス』で知られるジョシュは、『W』(原題)でジョージ・W・ブッシュ大統領を演じており、映画『インベージョン』『レディ・イン・ザ・ウォーター』のジェフリーはコリン・パウエル陸軍大将を演じている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]