シェール、コメディー映画でスクリーン復帰

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シェール - Rick Diamond / WireImage / Getty Images

 アカデミー賞とグラミー賞に輝く歌手・女優のシェールが、再びスクリーンに戻ってきそうだ。2003年のボビー&ピーター・ファレリー兄弟の映画『ふたりにクギづけ』以来、出演作のないシェールが、新作映画『ザ・ドロップアウト』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同作は、35歳のなまけ者の専門学校生の男がついに両親の家から追い出され、絶望的になった彼は62歳の隣人女性の家へ転がり込むコメディー映画だ。映画『ワイルド・タウン/英雄伝説』のジョニー・ノックスヴィルが35歳の男を演じ、シェールは隣人女性にふんする。監督と脚本はリッキー・ブリットが手掛け、映画『俺たちフィギュアスケーター』のジョン・ジェイコブスがプロデュースする。

 音楽活動がメインのシェールだが、1983年の映画『シルクウッド』でゴールデングローブ賞最優秀助演女優賞、1984年の映画『マスク』でカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得し、1987年の映画『月の輝く夜に』でアカデミー賞主演女優賞を受賞している。アカデミー賞を受賞した際の奇抜なシースルードレスのファッションは、現在もワーストドレッサーとして語り継がれているほどであったが、女優としての彼女の演技の評価は高く、映画界にとってシェールの銀幕復帰はうれしいニュースではないだろうか。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]