スティーヴ・マックィーンの伝記映画製作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴ・マックィーン - Silver Screen Collection / Getty Images

 名作映画『荒野の七人』『大脱走』『華麗なる賭け』などで知られるスティーヴ・マックィーンの伝記映画が製作されることが明らかになった。

 ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、プロデューサーのマイケル・セレンジーとクリスティーン・ピータースの二人が、名優マックィーンの伝記映画を企画しているそうだ。伝記映画はマーシャル・テリルの伝記小説「スティーヴ・マックィーン:ポートレイト・オブ・アン・アメリカン・レベル」(原題)を基にし、脚本は映画『エラゴン 遺志を継ぐ者』のジェシー・ウィグトウが手掛ける。映画では、『傷だらけの栄光』でスクリーンデビューを果たし、その後ハリウッドで世界的スターにまで登りつめ、1980年に肺がんにより50歳の若さで亡くなるまでのマックィーンの波乱の人生が映像化され、マックィーンの趣味のレースのことやニール・アダムス、アリ・マッグロー、バーバラ・ミンティとの3度の結婚歴と数々のロマンスも描かれる予定だ。現在、今秋からの撮影開始に向けて主演俳優と監督を探しているとのこと。主演俳優には、これまでにTV「LOST」のマシュー・フォックスがうわさにあがっていたが正式には決まっておらず、名優マックィーン役のキャスティングは難航しそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]