小池徹平、2ちゃんねるで大反響のブラック会社の社員に!「俺は限界かもしれない…」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左がニートのときのマ男、右がサラリーマンになったマ男の小池徹平

 映画『ホームレス中学生』で見事に中学生を演じ切った小池徹平が今度はニートを経て会社員になった男性を新作映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』で演じることがわかった。

 この物語は実際にインターネットの掲示板2ちゃんねるに書き込まれたエピソードが基になっている。映画にしては長いタイトル、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は実際に2ちゃんねるに立てられたスレッドだ。2005年に映画、テレビで話題になった「電車男」では主人公の恋愛をネットの住民がアドバイスしていたが、今回は、新人プログラマーとして奮闘する元ニートの男性を2ちゃんねるの住民が叱咤激励していく。書き込まれていた当時、相当人気が高いスレッドだったが、Yahoo!ニュースにも取り上げられて話題になり、出版化までされた第二の「電車男」だ。

 物語は高校中退の26歳ニートのマ男が母の死をきっかけに一大決心、情報処理の資格をゲットし、必死に就職活動を開始するところから始まる。しかし、最終学歴中卒の人間に社会はそんなに甘くなく、落ち続けた末にたどりついた会社はとんだブラック会社(問題企業)だった。そんな会社の中で何度もくじけそうになりながらも、成長し続けるマ男についに限界が訪れる。

[PR]

 ちなみにブラック会社とはインターネットで使用されるスラングの一つで、金銭や身体、精神的な苦痛を伴う労働条件のもとで労働を強いており、労働法に抵触する可能性が高い企業のこと。

 監督は映画『キサラギ』の佐藤祐市。脚本は『ROOKIES -卒業-』のいずみ吉紘があたる。そのほかの出演者にはマイコ田中圭品川祐田辺誠一と個性的な面々が名を連ねている。

 実在の人物マ男を演じる小池は、「『ラブ☆コン』では背が低い高校生、『KIDS』では特殊な能力を持つ少年、『ホームレス中学生』では家を失った中学生を演じてきましたが、今回初めて、本当の年齢に見合った等身大の、会社員の役に挑戦します。ニートから社会に出て働いて成長していくという、少し変わったサラリーマン役なので、難しい役だとは思いますが、体当たりでぶつかっていこうと思っています」と意気込みを語った。

 一方、佐藤監督は「思いっきり笑って、最後は『頑張ろう!』と勇気をもらえる映画にできたら。小池徹平君には、ブラック会社で次々と起こる理不尽なことを耐える芝居をお願いし、今まで見たことのない新しい一面を引き出せればと。まさに小池君自身の限界に挑戦してもらいたいと思います! 今の社会を生き抜く術を見つけ出せるような映画になれば!」と抱負を語った。

映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は4月19日にクランクインし、8月上旬に完成予定。今冬の公開を目指している。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]