カンニング竹山、毎度マンネリ質問のレポ-ターにキレるも途中で息切れ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クレーマーの客になってキレる、カンニング竹山

 20日、カンニング竹山隆範が中野サンプラザにて映画『守護天使』のPRイベントを行い、居酒屋チェーン大手の株式会社モンテローザとタイアップして、財布にやさしいワンコイン(500円)メニューの開発を行うと宣言した。

映画『守護天使』

 イベント後の囲み取材では、レポーターから最近キレたことは? と聞かれ、「それ、いつも聞かれる。毎回毎回同じ質問しやがって、お前にキレてるんだよ!」とお約束のキレキャラをさく裂させる竹山。「家ではキレないんですか?」との質問には「こんなキャラ、仕事でやってるって、みんな薄々感じてるでしょ、もう! ワーワー言ってお金もらってるんだから、カメラがなかったらキレないよ!」とうんざり気味にこぼしていた。

[PR]

 さえない3人組の男たちが、裏サイトの魔の手からある女の子を救うという映画のストーリーにちなみ、「勝手にお助けキャンペーン」を展開している竹山は、不況の時代に少しでも安いメニューをサラリーマンに提供したいと、モンテローザが展開する店舗で、ワンコイン(500円)で食事ができるメニューを一緒に開発したいと社長に直談判。この日、年に一度の店長会議で中野サンプラザに集まったグループ店舗の約1,700人の店長さんたちからもOKをもらい、「ワンコインで2品、3品くらい頼めるような、安くてがっつり量があるメニューが作れたらいいなぁ」とお財布にやさしいメニューの開発に向け、早くもアイデアを膨らませていた竹山だった。

 『守護天使』は、大ヒット映画『キサラギ』の佐藤祐市監督が、竹山を主演にして作ったハートウォーミングな物語。さえないサラリーマン(竹山)が、チンピラの村岡(佐々木蔵之介)とイケメンの引きこもり大和(與真司郎)とともに、事件に巻き込まれた女子高生の涼子(忽那汐里)を救出すべく奮闘する。

映画『守護天使』は6月20日より渋谷HUMAXシネマ、角川シネマ新宿ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]