シネマトゥデイ

大森南朋、派遣切りのニュースに「不安で、不安で……」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕の人生変わりました……。

 国内外で高い評価を得たテレビドラマ「ハゲタカ」が映画化され、完成披露会見と試写会が11日、都内で行われた。主演の大森南朋栗山千明柴田恭兵中尾彬といったドラマから続投のレギュラー陣に加え、映画版のキーパーソンとなる玉山鉄二遠藤憲一高良健吾ら、豪華出演者が勢ぞろいした。

映画『ハゲタカ』写真ギャラリー

 2007年にNHKで放送され、企業買収という斬新なテーマで話題を呼んだ「ハゲタカ」。映画版でも、意欲的に現在の日本の情勢を取り入れて脚本が作られた。主役の天才ファンドマネージャー・鷲津政彦を演じた大森は、「昨年、派遣切りのニュースが流れたときには『また台本が変わるんだろうな』と思って、年末を過ごしました。年が明けたら、やはり変わると聞いて、いつ終わるのかと不安で、不安で……」と打ち明けた。ドラマから引き続き出演している中尾も「テレビのときから芝居とは思わず、ドキュメンタリーだと思ってやっていた。それは映画でも同じ」と言うように、虚構の枠を超え、リアルに現代を切り取った作品に仕上がった。

[PR]

 専門用語が飛び交う難しいセリフには、キャスト全員が苦労したという。「もし映画の続編ができるなら、どんなストーリー、もしくは役柄がいいか」という質問に対し、最初に答えた大森が「できればセリフは少なめで」と言えば、遠藤も「無言の、どこかの国の大金持ち。一言もしゃべらない役」と続けた。さらに「まったくセリフはなく、目線で語るような役。無声映画ですね」と中尾、「梅干しをしゃぶっているだけ……とか」と柴田らベテラン勢を含む、誰もがセリフのある役を辞退。今回の現場での苦難をのぞかせた。

 主演の大森にとっては「僕の人生を変えた」というほどの作品。それだけ思い入れは強く、完成披露試写会の舞台あいさつでは「これがヒットしなかったら、また僕の人生が悪い方に変わってしまう可能性があるので、よろしくお願いします」と会場に集まった映画『ハゲタカ』ファンに、応援を要請していた。

映画『ハゲタカ』は6月6日より全国東宝系にて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]