皇太子殿下とともに浅野忠信、香川照之が『劔岳 点の記』鑑賞!木村監督も緊張し過ぎて…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
皇太子殿下(右端)とともに『劔岳 点の記』を鑑賞する木村大作監督、浅野忠信、香川照之、松田龍平は緊張の面持ち。

 17日、有楽町朝日ホールで映画『劔岳 点の記』のチャリティー試写会が開催され、皇太子殿下がご出席された。当日、皇太子殿下と一緒に映画を鑑賞し、殿下との懇親会に出席した浅野忠信香川照之木村大作監督の3人がマスコミの取材に応じ、喜びと緊張の時間を過ごしたことについて明かした。

映画『劔岳 点の記』写真ギャラリー

 皇太子殿下との対面を終え、緊張が解けないままの香川は、顔をこわばらせながらも、「本当に緊張しましたが、大変気さくな方で、作品に関しても素晴らしいと言ってくださいました。この映画に出演できたことを光栄に思います」とコメント。さらに「この映画ではつらい思いをしてきたので、皇太子殿下に観ていただいて感慨深いです」と木村監督から厳しい演出や無理難題をつきつけられたハードな撮影を振り返った。

[PR]

 そんな“鬼監督”木村監督も皇太子殿下の隣で映画を鑑賞したとあって、この日ばかりは今まで味わったことのない緊張感を体験したそうで、「緊張でメガネが曇るほどでした……」と告白。すると香川はこれまでのお返しとばかりに、「皇太子殿下にお会いになる前から、監督が緊張する、緊張するってずっと言っていまして。こんな監督、見たことないですよ。ある意味、貴重でした」と木村監督の意外な一面を暴露していた。

 『劔岳 点の記』は明治時代、日本地図最後の空白地点を埋めるため、陸軍陸地測量部の柴崎(浅野)、山の案内人・宇治(香川)らが劔岳山頂を目指す迫力のヒューマンドラマ。CGや空撮を一切使わず、劔岳をはじめとした立山連峰で約200日間のロケ撮影をしたことでも話題となった。

映画『劔岳 点の記』は6月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]