「ごくせん」21名のキャストが集結!豪華舞台あいさつに観客絶叫!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヤンクミが復活スマイル※舞台あいさつの写真が使用不可のため劇中写真にて代用させていただきます

 映画『ごくせん THE MOVIE』の全国最速試写会が30日、東京国際フォーラムで行われ、主演の仲間由紀恵、共演の亀梨和也高木雄也三浦春馬桐山照史宇津井健ら総勢21名のキャストが舞台あいさつを行った。

映画『ごくせん THE MOVIE』

 観客たちは仲間があいさつをすれば「ジャージ最高!!」と叫び、亀梨の番では声援は激しさを増した。亀梨も「今、おれがしゃべっているから……緊張するから静かにして~!」と苦笑いで制止。順番が回ってきた生瀬勝久が「今、おれがしゃべってるから。静かにして?」と亀梨のマネをイケメン風に繰り出し、観客の笑いを誘った。一方の亀梨は、恥ずかそうに頭を抱えていた。

[PR]

 次々と笑いを取っていくキャストに、高木は「やりづらいです」と言いながらもギャグを披露。続く三浦も観客の絶叫に向かい「おれは聖徳太子じゃないから、わかんないよー!」と叫び返すなど、さすが「ごくせん」と、いわんばかりの自由な生徒たちの空気に、観客も大盛り上がり。そして桐山は「おれも名前を呼ばれただけで叫ばれるぐらいに、頑張ってなります!!」と絶叫。宇津井も「仲間さんが結婚して子どもを産むまで見守りたい気持ち」と未来を語るなど、芽生えたきずなを感じさせる熱い舞台あいさつとなった。

 ドラマの放送開始から7年間の歴史を重ねた映画化。豪華な終止符となるべく、舞台上には真っ赤にそびえる階段が設置された。スモークの奥から光に照らされた仲間ならぬヤンクミが登場し深々と頭を下げると階段が真っ二つに割れ、全キャストが登場! この日の超プラチナチケットを入手した3,800名の観客の絶叫は最後までやまなかった。

 本作は、大ヒットテレビドラマの映画化。新たな3Dクラスの担任となり、生徒に手を焼く山口久美子(仲間)のもとへ、何と小田切竜(亀梨)が実習生として登場。暴走族、覚せい剤、極道など山積みの問題をヤンクミがド派手にぶっ飛ばす!

映画『ごくせんTHE MOVIE』は7月11日より全国東宝系にて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]