GACKT、仮面ライダー演じて快感!でも「イーーー!」のショッカーポーズは拒否!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「仮面ライダーを気持ちよく演じることができた」-GACKT

 8日、東京・丸の内TOEIで映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』の初日舞台あいさつが行われ、井上正大村井良大森カンナ戸谷公人荒井萌大浦龍宇一倉田てつを金田治監督が登壇したほか、スペシャルゲストとして、GACKTがステージに姿を現した。

映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』

 今作でライダーマン・結城丈二を演じ、主題歌も手掛けたGACKTは「気持ちよく演じることができた」とライダー役が快感だったとコメント。歴代ライダーが勢ぞろいする映画の内容に関しては「とにかくたくさんのライダーが出てくるので、1度観ただけではよくわかりませんでした……」とおなじみのローテンションな低音ボイスで語り、異様な熱気に包まれた客席を笑いに包んでいた。

[PR]

 マスコミ向けのフォトセッションでは、司会者が登壇者全員に「イーーー!」というショッカーポーズを取るように依頼。さすがに照れくさいのか、GACKTが右手を上げてショッカーポーズを披露することはなかったが、舞台あいさつでのコメントからも分かるように、ライダーマンを演じて気持ちイーーーのは紛れもない事実のようだ。

 『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』は平成仮面ライダーシリーズ10作目にあたる「仮面ライダーディケイド」の劇場版で、仮面ライダー1号から昭和・平成の全ライダーが集結する話題作。劇場前売券の売り上げが前年比200パーセントを記録するなど、公開前から世代を越えた盛り上がりを見せている。

映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』は8月8日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]