上戸彩、「嫌いな人をバーンって飛ばしたい!」とアグレッシブな願望告白!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アトムと上戸彩

 女優の上戸彩が18日、都内スタジオで映画『ATOM』のアフレコ収録を行い、その様子がマスコミ陣に公開された。本作は、手塚治虫の名作テレビアニメ「鉄腕アトム」をハリウッドがCGアニメ化した話題作で、上戸は主人公アトムの日本語吹き替えを担当している。

映画『ATOM』

 これまでも声優の仕事は何度か経験済みの上戸だが、無限のパワーを秘めたアトム役に「今までで一番大変だった。力が入り過ぎた」そうで、のどがつぶれ、声が枯れてしまったと舞台裏の苦労をコメント。一方、取材陣からアトムのようなパワーを得たらどうするか尋ねられると、「手からバーンって出るやつで嫌いな人を飛ばしたい!」とアグレッシブな願望を告白。アームキャノンに変形し、強烈なビームを発射するアトムの腕をうらやましがる姿は、まるで幼い少年のようだった。

[PR]

 スタジオに現れたアトム(の着ぐるみ)からプレゼントを手渡され、満面の笑みを浮かべた上戸は「世界的ヒーローなので、ものすごくうれしい」と今回の声優起用に改めて喜びを噛みしめ、「泣けるお話。もう感動しちゃって」と本作が子どもだけでなく、大人も涙できる作品だとアピールしていた。

 『ATOM』は生みの親であるテンマ博士に捨てられたロボットが、アトムとして新たな一歩を踏み出す姿を描いたフルCGアニメーション。アトムの成長や冒険はもちろん、その裏にある苦悩にもスポットを当てたストーリーになっている。

映画『ATOM』は10月10日より新宿ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]