マット・デイモンとジョシュ・ブローリンが、コーエン兄弟によるジョン・ウェイン映画のリメイクへ出演?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョシュ・ブローリン - Jon Kopaloff / filmmagic.com

 ジョエル、イーサン・コーエンの兄弟が、1969年のジョン・ウェイン主演映画『勇気ある追跡』をリメイクする作品の出演者が決まりそうだ。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、マット・デイモンジョシュ・ブローリンの二人が、同リメイク作品への出演交渉中とのこと。ジョシュは出演が決まれば、映画『ノーカントリー』に続いて再びコーエン兄弟とコンビを組むことになる。

 映画は、チャールズ・ポーティスの原作を基にしたウエスタンムービーで、父親を殺された幼い少女に雇われた凄腕保安官と若きテキサス・レンジャーが犯人を追うストーリーだ。オリジナルはジョン・ウェインがアカデミー主演男優賞を受賞した名作だが、本作はそのオリジナルを再創造するリメイク作品だ。出演が決まれば、マットはオリジナルでグレン・キャンベルが演じたテキサス・レンジャーのラ・ボーフを演じ、ジョシュは少女の父親を殺した犯人トムを演じる。オリジナルでジョン・ウェインが演じた保安官コグバーン役は、ジェフ・ブリッジスが演じることが決まっている。『勇気ある追跡』は続編として、再び保安官コグバーンを主人公にした映画『オレゴン魂』が製作されており、コーエン兄弟が『オレゴン魂』もリメイクしようと考えているのか気になるところだ。撮影は来年3月から開始され、2010年の全米公開を予定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]