サラ・ジェシカ・パーカー、オバマ大統領の芸術委員会メンバーに選ばれる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サラ・ジェシカ・パーカー

 サラ・ジェシカ・パーカーが、アメリカの文化活動を促進する芸術人文委員会のメンバーに選ばれた。この委員会は1982年、元ハリウッド・スターであったロナルド・レーガン大統領の政権下で設立された機関で、アメリカの文化や芸術活動を促進し広く宣伝する役割を担う。サラはオバマ大統領から直々に委員会参加を呼びかけられた。委員会は、名誉会長をミシェル・オバマ大統領夫人が担い、サラのほかにもフォレスト・ウィテカーエドワード・ノートン、「ヴォーグ」誌編集長のアン・ウィンターら、芸術分野で活躍する25人が選ばれている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]