メル・ギブソン、自分を磨くために家庭菜園

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ここ掘れワンワン! -メル・ギブソン

 メル・ギブソンが自分を磨くために家庭菜園で野菜を作っているという。

 恋人オクサナ・グリゴリエヴァとの間に娘のルシア・アンが生まれたばかりのメルは8人のパパ。これまで自分を向上させるためにもらったアドバイスの中で、一番良かったのはガーデニングをするよう言われたことだと語った。「ずいぶん昔だけど、ある男性から『自分を向上させたければ土を掘り起こせ』と言われた。これが今までにもらった中で一番のアドバイスだ。だから、土を掘りおこしまくっているし、野菜もたくさん作っているよ」と語る。

 53歳になったメルは、年齢とともに一番感じるのはユーモアのセンスが変化したことだという。「どんなユーモアを口にするかがまったく変わってくるんだ。それは人間として成熟したことだったり、男の更年期障害だったり、状況に影響されているんだと思う」と語り、昔は大笑いしたことが今はまったくおもしろくないことに気がつくことがあるという。精神面では年を取ったと意識し始めたかもしれないが、見た目についてはあまり気にしていないよう。映画『ブレイブハート』で演じたウィリアム・ウォレスについても「彼は死んだときに28歳くらいだったのかな。映画で演じたときの僕はその年を10歳は越えていた。でも、見ている人を納得させられれば関係ない。ひざがシワだらけじゃなかっただけ良かったよ」と笑った。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]